• ホーム
  • 爪水虫にはラミシールを服用して完治させましょう

爪水虫にはラミシールを服用して完治させましょう

手で脚を触る様子

趾間型と並んで罹患するケースが多いのが、爪水虫の存在です。小水疱型や角質増殖型などさまざまな種類がある水虫の中でも爪白癬、つまり爪水虫は完治が難しいため罹患すると非常に厄介です。爪の中に白癬菌が入り込み、内部のタンパク質を食べて増殖することで爪が白く濁ったりボロボロと剥がれるといった症状が見られます。趾間型をはじめとする皮膚表面に症状が見られる場合は塗り薬タイプで治すことが容易ですが、硬質な爪の内部にまで薬効成分を届かせることが困難であるため爪水虫の治療に塗り薬タイプは向いていません。

現在爪水虫の治療薬として処方されているのが、ラミシール錠をはじめとした経口薬です。飲み薬タイプの抗真菌薬を服用して、患部を内部から治療します。ラミシール錠は、テルビナフィンというアリルアミン系の薬効成分が配合されている薬です。他の塗るタイプの抗真菌薬と同様に、さまざまな種類の真菌に効き目がある上に殺菌作用がもたらされ完治へと導きます。内側から治療するという特性上、患部に塗布しづらい頭部白癬や完治しづらい角質増殖型の水虫にも効き目がある薬です。

ラミシール錠を服用して成分が腸に到達すると、有効成分は爪や皮膚の角質層へと移行します。そのまま患部に寄生する真菌細胞内へと浸食し、有効成分・テルビナフィンが細胞内部の代謝酵素であるスクアレンを阻害します。テルビナフィンによって阻害されたスクアレンは、真菌細胞内で蓄積しはじめ細胞膜の構成細分であるエルゴステロールの含有量を低下させるという仕組みです。これにより真菌細胞の増殖が阻害され、さらには殺菌作用をもたらします。

服用する上での注意点は、飲み薬であるため塗り薬タイプと比べて副作用が出やすいことです。まれに肝臓に影響を及ぼすケースがあるとされており、持病を持っていたり肝臓の数値が思わしくない方は予防策として定期的に肝機能検査を受けることをおすすめします。ラミシール錠を服用していて、倦怠感・吐き気や発疹などの自覚症状が見られた場合、即座に服用をやめて医師の指示に従ってください。

また服用期間においても、十分に治療期間をとることを念頭に置きましょう。個人差はありますが数週間から1ヶ月ほどで患部がきれいになったり、痒みなど自覚症状が消えるようになります。しかしこれらは表面上の菌が死滅しただけで、爪の内部や皮膚の深部に残っている可能性が大きいです。医師や薬剤師に指定された服用期間を守ること、勝手に治療をやめないことを厳守してください。

関連記事
真菌の代謝を阻害するクロトリマゾールで水虫改善 2020年06月25日

水虫の中で最も多いタイプは趾間型ですが、小さな水疱が発生する小水疱型も比較的少ないとはいえ厄介な存在です。小水疱型は初期段階は少しのかゆみを伴う赤い湿疹程度ですが、放置するとかゆみが増し腫れていき被害が拡大します。最初は足裏の前の方だけだった水疱や腫れが、足の裏全体や足の甲にまで広がっていくため早期...

レーザー治療で爪水虫を治す方法もあります 2020年04月24日

爪水虫の治療には、抗真菌成分が含まれた飲み薬を用いるのが一般的です。しかし肝機能に問題があって服用できなかったり、症状や状態によっては効き目が薄いなど内服薬でもカバーしきれない場合があります。他にも妊娠中であったりなど、現在服用している薬との相性が悪い場合は処方されません。これらのケースが当てはまる...

薬を使わずに水虫を竹酢や木酢で治るって本当? 2020年05月27日

薬を使わずに水虫を治す民間療法として、よく竹酢や木酢などが挙げられます。真菌は酸性に弱く、竹酢や木酢に含まれる酸性成分が抗菌作用を発揮するとされています。使用方法としては、石鹸で患部をよく洗った後に200?300倍に薄めた酢にしばらく浸すというものです。しかし水虫の原因菌である白癬菌に対して、臨床的...

水虫にならないための生活環境 2020年05月10日

水虫に感染するのを防ぐには、生活環境を整えることが大切です。原因菌である白癬菌は、真菌といってカビの仲間に分類されています。カビをはじめとする細菌は、高温多湿の環境を好むという特徴を持つため初夏・梅雨の頃から活動が活発化して激増する傾向にあります。逆に湿気が少なく乾燥している冬場は活動しづらくなるた...

ペットが原因で感染してしまう頭の水虫 2020年04月04日

白癬菌は人間だけでなく動物にも感染するため、室内で飼育しているペットから伝染するケースも多々あります。代表的なものは頭皮に水虫の症状が見られる、頭部白癬です。しらくもという別名称もあり、頭皮に円形脱毛症を生じさせます。犬や猫などのペットからの感染が多く、特に子どもが発症する確率が高いです。感染初期は...