• ホーム
  • 水虫にならないための生活環境

水虫にならないための生活環境

水虫に感染するのを防ぐには、生活環境を整えることが大切です。原因菌である白癬菌は、真菌といってカビの仲間に分類されています。カビをはじめとする細菌は、高温多湿の環境を好むという特徴を持つため初夏・梅雨の頃から活動が活発化して激増する傾向にあります。逆に湿気が少なく乾燥している冬場は活動しづらくなるため症状が弱まり、湿気と温度の高い夏場に活性化したり再発するという仕組みです。

水虫を予防するためには、繁殖および感染しにくい生活環境を作り上げることが一番のポイントとなります。特に趾間や爪に罹患したことがある方は、湿度の高まりやすい夏場において足回りの通気性の確保が重要です。女性の場合はブーツやパンプスなど、湿気や温度がこもりやすい靴を履く機会が多い上にストッキングの着用によって蒸れやすくなります。男性でも革靴を日常的に履く機会が多いため、注意が必要です。

対策としては、できる限り通気性の高い靴を選んだり汗を吸収する靴下を着用することが挙げられます。1日履いた後の革靴やブーツは熱気がこもっているため、玄関先に出しておいて乾燥させるようにしましょう。一足を毎日履くのではなく、複数の靴を所持してローテーションを組むことで靴の内部の湿度が上昇するのを防げます。可能であれば、休日に陰干しするのも良い方法です。

夏に訪れる機会の多いプールや、銭湯など水気が多く不特定多数が出入りする場所も注意が必要です。脱衣所の床や足を拭くマットは、菌を内包した垢や皮膚が付着している可能性が高いため二次感染の危険性をはらんでいます。24時間以内であれば皮膚に付着した白癬菌を落とすことができるため、プールや温泉などに出かけた後は自宅のお風呂に入りもう一度きれいにしましょう。

季節に関わらず、帰宅した際は手や足を洗って清潔に保つことも予防に繋がります。足の指の間もしっかり洗ったら、タオルで拭いてきちんと乾燥させるようにしてください。女性の場合は、ファンデーションやブラシなど毎日使う化粧品も菌の温床になっていることが多いです。顔や手などに水虫が感染しないよう、定期的に洗ったり買い替えたりして清潔に保つように心がけてください。

お風呂まわりのバスマットやタオルもキャッチボール感染の源となるため、共用はやめて1人ずつ専用のものを用意します。この他床やカーペットも日常的に菌が潜んでいる可能性が高いため、頻繁に掃除をして清潔に保つようにしてください。ペットを飼っている場合は部屋の清掃もさることながら、日々のブラッシングや洗浄を欠かさないようにすることが大切です。

関連記事
真菌の代謝を阻害するクロトリマゾールで水虫改善 2020年06月25日

水虫の中で最も多いタイプは趾間型ですが、小さな水疱が発生する小水疱型も比較的少ないとはいえ厄介な存在です。小水疱型は初期段階は少しのかゆみを伴う赤い湿疹程度ですが、放置するとかゆみが増し腫れていき被害が拡大します。最初は足裏の前の方だけだった水疱や腫れが、足の裏全体や足の甲にまで広がっていくため早期...

レーザー治療で爪水虫を治す方法もあります 2020年04月24日

爪水虫の治療には、抗真菌成分が含まれた飲み薬を用いるのが一般的です。しかし肝機能に問題があって服用できなかったり、症状や状態によっては効き目が薄いなど内服薬でもカバーしきれない場合があります。他にも妊娠中であったりなど、現在服用している薬との相性が悪い場合は処方されません。これらのケースが当てはまる...

薬を使わずに水虫を竹酢や木酢で治るって本当? 2020年05月27日

薬を使わずに水虫を治す民間療法として、よく竹酢や木酢などが挙げられます。真菌は酸性に弱く、竹酢や木酢に含まれる酸性成分が抗菌作用を発揮するとされています。使用方法としては、石鹸で患部をよく洗った後に200?300倍に薄めた酢にしばらく浸すというものです。しかし水虫の原因菌である白癬菌に対して、臨床的...

ペットが原因で感染してしまう頭の水虫 2020年04月04日

白癬菌は人間だけでなく動物にも感染するため、室内で飼育しているペットから伝染するケースも多々あります。代表的なものは頭皮に水虫の症状が見られる、頭部白癬です。しらくもという別名称もあり、頭皮に円形脱毛症を生じさせます。犬や猫などのペットからの感染が多く、特に子どもが発症する確率が高いです。感染初期は...

市販薬で水虫を治すのは難しいが根気よく治療することが大事 2020年03月15日

水虫の治療薬は病院で診察を受けて処方してもらったものを服用するのが一般的ですが、オロナイン軟膏などに代表される市販薬によって治療することも可能です。これまでの常識では水虫を完治することは難しいとされてきましたが、現在は医学の進歩により正しく服用することによって完治にまで持って行くことができるようにな...