公開履歴
きれいな女性の脚

ケトコナゾールは、水虫の原因菌であり真菌の一種である白癬菌に対して抗菌・滅菌的に作用する抗真菌薬です。足の指の間に症状が現れる趾間型には、塗り薬タイプのニゾラールクリームに含まれる成分・ケトコナゾールが最適とされています。真菌が皮膚組織を浸食したことによって発生する痒みやびらんを抑えて、さらに薬の成分が原因菌を退治して治す薬です。外用薬であるため内服薬より効き目が早い上に効果も高く、副作用も少ないケトコナゾールで水虫を治療しましょう。

水虫の中で最も多い趾間型の水虫

頭皮や腕・爪など生物のあらゆる場所に感染および発症する水虫ですが、中でも多いとされている部位が指と指の間にできる水虫、つまり趾間型の水虫です。カビをはじめとする真菌は高温多湿になりがちな場所を好むという特徴があり、仲間である水虫の原因菌も例外ではありません。

水虫の原因菌は、皮膚糸状菌に分類されます。人間をはじめとする動物の、皮膚に含まれるタンパク質をエサとしている細菌です。動物の皮膚に付着してから、皮膚糸状菌という名前の通り糸状の根を伸ばしながら繁殖を繰り返して増殖していきます。皮膚が割れたり剥けたりする状態をびらんと呼び、趾間型の水虫感染時においてよく見られる症状です。この状態は皮膚の層におけるタンパク質を、白癬菌がエサとしながら増殖しているため起こります。

症状の初期段階は白癬菌が趾間の皮膚を浸食することによって、皮膚が荒れて水分が多くなる白色浸軟の状態となり痒みを伴う状態です。症状が進行すると皮膚のひび割れやびらんが発生して、患部も痒みから痛みへと変わります。白癬菌によって剥がされた皮膚が、床やタオルなどに付着することで二次感染が生じやすい危険な時期です。垢やびらんなどの皮膚組織が落下して、別の人の皮膚に付着して二次感染を起こすことをキャッチボール感染と呼びます。

趾間型が多い理由は、菌類が好む高温多湿の環境に陥りやすい部位だからです。ほとんど素肌を晒している手や顔とは異なり、靴や靴下などで覆われている時間が長い傾向にあります。さらに女性の場合は通気性の悪いストッキングやタイツ、男性の場合は革靴などで通気性が思わしくありません。一般的に夏よりも冬の方が発症しがちであるのは、靴下を重ねて履くなど厚着する機会が多く湿気が溜まりやすいからです。

加えて細菌の温床とも言えるプールや銭湯、浴室などの床に直接触れる部位が足先である点も感染率が高い理由の1つです。水やお湯で皮膚に付着した菌を洗い流した後も、床に素肌が触れた際に再び菌をもらう可能性があります。水回り以外でも、玄関の床・マットやスリッパといった共用部に真っ先に触れるのも足先であることから、発症する頻度が高い理由が分かるでしょう。

ケトコナゾール配合の薬は水虫に効く

趾間型に効くとされているニゾラールクリームには、水虫の原因菌である白癬菌に絶大な効果を持つケトコナゾールが含まれています。ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬に分類されており、水虫の他にもカンジダや癜風菌など皮膚真菌症全般に効き目のある薬です。イミダゾール系の抗真菌薬にはさまざまな種類の真菌に効果があり、殺菌的に作用するため原因療法薬として用いられます。ニゾラールクリームの殺菌効果や特徴などは、サイトでも詳しく説明されており、調べてみるのも良いでしょう。

ニゾラールクリームに代表される塗り薬を投薬する上でのポイントとして、患部と思われる箇所よりも広範囲に塗ることが挙げられます。通常の塗り薬は患部、つまり痒みが強く感じる部位だけに塗布しがちです。しかし白癬菌をはじめとする皮膚糸状菌は、皮膚から内側に向かって根を伸ばす細菌であり、該当する患部が皮膚表面上に見られるびらんだけとは限りません。皮膚がはがれたり、化膿して水気を伴っている箇所だけが患部と断定せずに、ある程度広域にわたって塗布すべきです。

同様の例として挙げられるのが、打ち身などの治療に用いられる湿布です。多くの人は青アザや押さえて痛む箇所に湿布を貼れば良い、という認識でしょう。ただ人間の痛覚は極端に痛む部位があると、その周辺の痛みに対して鈍くなる傾向にあります。一番重症な箇所の治療が進むと、やがて周辺の異なる部位が痛むように感じるのはこのためです。患部のみならず、周辺も一緒にいためていると判断して広域で湿布で治療するように、ニゾラールクリームも広範囲に塗布してまとめて治すようにしましょう。

水虫治療を行う上で忘れてはいけないポイントとして、水虫は二次感染することもあるという点も留意しておく必要があります。早めに治療しておかないと、キャッチボール感染により罹患していない家族にまで被害を増やしてしまう結果となるからです。また白癬菌は非常に感染力が高く、体中のあらゆる部位に付着して根を広げるという点も覚えておかなければなりません。足の裏や趾間・爪のみならず、手・腕や頭皮などタンパク質が含まれる皮膚であれば、いくらでも繁殖および増殖してしまいます。ニゾラールクリームを患部に塗った後の指が身体の他の部位に触れたために感染した、というケースも非常に多いため患部に触れた後は必ずしっかりと洗うように心がけましょう。